G2の狙い目レース「京都大賞典」とは

競馬予想G2の狙い目レース「京都大賞典」とは

JRA京都競馬場で行われる京都大賞典は、秋競馬を占うG2レースとして行われており、1着賞金は6700万円となっています。京都大賞典の創設年は1966年で、第1回のみは芝3200メートル、天皇賞春と同じ距離で行われ、翌年から芝2400メートルに変わっています。競走条件としては、サラ系3歳以上、負担重量は別定となっており、ベースとなる斤量は3歳が53キロ、4歳以上が56キロ、牝馬の場合にはここから2キロ減となります。過去1年間に牝馬限定競走を除くG1の1着馬は2キロ増、牝馬限定競走のG1の1着馬、G2の1着馬は1キロ増となり、それ以前に牝馬限定競走を除くG1の1着馬は1キロ増となり、ベースとなる斤量に加算されます。

日本中央競馬会を代表するような名馬が毎年参戦しており、過去の優勝馬を見ると、2015年天皇賞秋を制するラブリーデイ、宝塚記念覇者のスイープトウショウ、G1を7勝したテイエムオペラオー、メジロマックイーンやスーパークリーク、テンポイントなどがいます。G1レースといっても過言ではないほどのメンバー、レベルの高いレースが行われ、予想するのも大変です。

京都大賞典を予想するにあたり、秋競馬のステップレースであるということを考えておくことが大切です。この後に控える天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念に参戦を予定している馬は、なるべく有馬記念まで余力を残しておきたいと考え、ステップレースの京都大賞典は緩い調整で臨むことがあります。現に後に1999年の天皇賞秋、ジャパンカップを制し、有馬記念も惜しい2着だったスペシャルウィークは秋初戦の京都大賞典では7着に敗れています。京都大賞典に調子を合わせてきた馬を狙うのが予想としてはおすすめです。

G2の狙い目レース「毎日王冠」とは

競馬予想G2の狙い目レース「毎日王冠」とは

毎日王冠とは日本中央競馬会で行われているレースで、創設年は1950年なのでかなり古い歴史を持っています。

このレースはG2なので賞金はけっこう高く最近では天皇賞秋の前哨戦の位置付けとして行われていることもあって、有力馬が多数参戦することもあってとても注目されているレースとなっています。

毎日王冠は東京競馬場で行われており競走条件はサラ系3歳以上でJRAの所属馬であることが求められていますが、この他に地方所属馬は2頭までは認められていて外国調教馬も9頭までなら出走することができます。

距離は当初は2,500mだったのですがその後2,300mや2,000mなど色々と変わり、今は1,800mに距離が縮められて行われています。

毎日王冠の優勝馬には天皇賞秋の優先出走権が与えられるのでこのレースを目指して出走する馬が沢山いますが、その他にもマイルチャンピオンシップの前に一叩きするために出走してくる馬もいます。

毎日王冠はこのように秋のG1戦線を占う上でとても重要なレースなのですが、比較的予想が付きやすいと考えている人も多いのでG2の狙い目レースと考えている人も沢山います。

競馬は見ているだけでも楽しいものですがやはり馬券を買った方が面白みが増すので、競馬場に言ったら馬券を買ってレースを楽しむ人が殆どです。
そして馬券が当たった時ほど嬉しいことはないので、そのために皆しっかりと予想をして的中を目指して頑張っています。

毎日王冠は数週間後に大きなレースが控えていることもあって有力馬が出走することが多いので、その馬を中心にして購入すると当たる確率が高くなります。
但し有力馬はこのレースを叩き台にするケースが多く凡走をしてしまうこともあるので、固く収まるかそれとも大穴が来るかを考えながら楽しんで予想をすることができる点も大きな魅力と言えます。

G2の狙い目レース「オールカマー」とは

競馬予想G2の狙い目レース「オールカマー」とは

G2レースのひとつ、オールカマーは千葉県の中山競馬場で行われており、日本中央競馬会が主催しています。産経新聞社賞を提供している産業経済新聞社の名前を冠し、産経賞オールカマーとして新聞欄などには記載されるのが特徴です。

オールカマーの競走条件はJRA所属馬であることや、サラ系3歳以上であることなどが挙げられます。このうちJRA競走馬の中でも未勝利馬と未出走馬は除外され、何らかのレースで勝利を得たことのある馬のみが出走対象となります。地方競馬所属馬としては2頭が受け入れ可能となっている他、外国調教馬の枠としては9頭が確保されています。

オールカマーでは競走馬としてよく見られるサラブレッドのみならず、アングロアラブなども品種も出走可能とし、品種の制限無く多くの馬が出走機会を得ることができるレースとして知られています。

創設年である1955年に中山競馬場で始まったオールカマーは、当時は4歳以上の馬を対象とした重賞競走でした。1984年にG3として格付けされ、1995年にはG2レースとして指定を受けました。同年には指定交流競馬として再スタートを切ることになり、国際競走として外国調教馬の受け入れも開始しています。

2014年からはオールカマーで1着を得た出走馬は秋の天皇賞の出走権利を得るようになり、天皇賞の前哨戦としてG2レースの中でも注目を浴びるものと予想されます。

2016年の賞金は1着6700万円、2着が2700万円、3着は1700万円でした。4着は1000万円、5着には670万円の賞金が設定されています。2015年の優勝馬はショウナンパンドラ、2016年にはゴールドアクターが優勝を飾っています。

G2の狙い目レース「ローズステークス」とは

競馬予想G2の狙い目レース「ローズステークス」とは

日本中央競馬会ことJRAが主催するレースは多数ありますが、ローズステークスは重賞競走として知られています。
ローズステークスの創設年は1983年です。1984年には関西テレビ放送賞を冠してローズステークスと名称を改めました。創設当時は京都競馬場で行われていましたが、1996年以降は阪神競馬場でレースが実施されています。1996年はローズステークスが秋華賞のトライアルレースとして定められた年でもあり、このレースで優秀な成績をおさめることによって、G1レースである秋華賞へと繋ぐことができます。

競走条件はサラ系3歳牝馬であることや、日本中央競馬会の所属馬であること、また秋華賞のトライアル競走としての位置から地方競馬所属馬は優先的に3頭まで出走可能となっています。NHKマイルカップで1着2着の順位を得た競走馬にも出場権利を認めている他、外国調教馬は9頭まで出走が認可されるなどの各種出走条件が定められています。

ローズステークスはG2として賞金が定められており、1着の場合は5200万円を獲得することができます。以下2着で2100万円、続く3着1300万円となっており、4着5着はそれぞれ780万円、520万円となっています。

秋華賞のトライアル競走としての立場から、ローズステークスにおける1着から3着までの競走馬には、秋華賞出場の権利が与えられます。京都競馬場で行われる競馬の中でも秋華賞には多くの人が集まり、その前提レースであるローズステークスにもたくさんの人が集まります。秋華賞、ひいてはエリザベス女王杯を狙う競走馬にとっては、G1レースへの出場機会を得るための貴重なレースともなっており、どの馬も真剣な走りが見られるものと予想されます。

G2の狙い目レース「セントウルステークス」とは

競馬予想G2の狙い目レース「セントウルステークス」とは

セントウルステークスは、秋の阪神競馬場で行われる1着賞金5,900万円のG2です。
創設年は1987年で、当初の競走条件は日本中央競馬会の所属馬による芝1400mのG2でした。

しかし、2000年から芝1200mのG2に変更され、出走馬も日本中央競馬会の所属馬だけでなく、地方競馬所属馬や外国調教馬も出走できます。

現在はスプリンターズステークスの重要なステップレースとして、秋の阪神競馬場でも注目されているG2です。

セントウルステークスは、JRAのG1であるスプリンターズステークスの前哨戦という位置づけから、比較的予想がしやすいG2と言えます。

比較的予想がしやすい理由は、春の短距離路線で活躍した実績馬が、セントウルステークスで復帰することが多いからです。

長期休み明けとなるものの、春の実績馬が好走することが多いので、比較的予想はしやすくなっています。
しかし、休み明けが影響して凡走する実績馬もいますし、目標のG1はまだ先なので完璧に仕上げない実績馬もいます。

また、人気の実績馬が順当に好走する一方で、穴馬が2着や3着に入ることも少なくありません。

予想のときに注目しておきたい穴馬は、実績のない夏の上がり馬です。

夏のローカル開催で条件戦を勝ち上がり、その勢いのままセントウルステークスでも好走することは良くあります。

実績馬に人気が集中し盲点になることも多いので、夏の上がり馬も予想のときにはしっかりチェックしておきましょう。

セントウルステークスは、今後のG1にも繋がる重要なG2なので、予想だけでなく結果の検証も重要です。

G2の狙い目レース「札幌記念」とは

競馬予想G2の狙い目レース「札幌記念」とは

JRA札幌競馬場で行われる札幌記念は、夏競馬において最も注目を集めるレースであり、日本中央競馬会が行うサマー2000シリーズの大変重要なレースとしても有名なG2レースです。札幌記念の創設年は1965年ですが、当時の札幌競馬場には芝コースがなく、ダートではなく、砂の2000メートル左回りで行われていました。その後、ダートの左回り、ダートの右回りと変更され、今の芝2000メートルで行われるようになったのは1990年でした。

競走条件はサラ系3歳以上の定量戦で、3歳は54キロ、4歳以上は57キロ、牝馬は2キロ減となっています。定量戦はG1などでよく行われており、別定戦やハンディキャップ競走とは違い、実力が問われることになります。1着賞金は7000万円でG2競走では最高額となっています。1997年にG2に格上げされてからは一流馬の参戦が相次いでおり、過去の優勝馬には、97年98年と連覇したエアグルーヴ、セイウンスカイ、アドマイヤムーン、ハープスターなどがいます。

予想をするにあたり、サマー2000シリーズの優勝を狙っている馬や天皇賞秋のステップレースとして考えている馬、芝の適性が合っている馬などのファクターが大事になります。特に芝の適性は重要です。函館競馬場と札幌競馬場は洋芝が使われており、ほかの競馬場とは違い、パワーを要することが特徴です。そのため、洋芝適性の高い馬が来ることがあり、穴を開けることもしばしばです。ブエナビスタなど当時実力が高かった馬であっても、小回りコース、洋芝適性などで勝つことができないこともあるなど、実力馬だからといって簡単に勝てるレースではありません。それが札幌記念です。

G2の狙い目レース「目黒記念」とは

競馬予想G2の狙い目レース「目黒記念」とは

東京競馬場において行われるG2競馬のうち、目黒記念は1932年から続く歴史あるレースです。各内国抽籤濠州産馬混合競走として始まったレースがその前身となっており、当時は目黒競馬場において開催されていました。

しかし目黒競馬場の移転が決定されたため、古くから続いた目黒の名を後世に残すため、目黒の名を冠してレース名を改称したことが、現在の目黒記念の原型となっています。

府中の競馬場への移転後は1959年に農林省賞典 目黒記念(春)として名称を改め、続く1979年には農林水産省賞典 目黒記念(春)とさらに名称変更を行っています。1984年に日本中央競馬会からG2としての指定を受け、この年から年に1度のレースとしての改定も行われています。

副称として、1998年にはフランスギャロ賞、2000年にはハンガリーフェスティバル開催記念、2010年にはウオッカメモリアルなどが冠されています。基本的には芝でのレースを行い、第68回レースのみダートでのレースを実施しました。

目黒記念は多くの人が参加することが予想されるレースで、その賞金は1着が5700万円となっています。賞金は5着まで定められており、2016年の賞金としては2着が2300万円、3着が1400万円です。以降4着が860万円、5着が570万円となります。

サラブレット系種であることや、4歳以上の馬であることなどが競走条件として挙げられ、JRAに所属していることが基本条件となります。さらに外国調教馬としては9頭が出頭可能となります。負担重量としてハンデキャップが定められます。

目黒記念は創設年以来、長い歴史を誇るレースであり、G2レースでありながら多くの注目を集めるレースです。

G2の狙い目レース「京王杯スプリングカップ」とは

競馬予想G2の狙い目レース「京王杯スプリングカップ」とは

JRAが主催する京王杯スプリングカップは、1着賞金として5900万円が設定されたレースです。2着の場合は2400万円、3着で1500万円となっており、4着5着は890万円、540万円を得ることができます。

京王杯スプリングカップの舞台となるのは東京競馬場で、京王電鉄が寄贈賞を提供しており、このことから、レース名には京王の名前が冠されています。

JRAこと日本中央競馬会は各種競馬を開催していますが、京王杯スプリングカップはG1である安田記念に出走するためのチャンスともなっており、1着2着の出走馬は安田記念の出走候補馬としての機会を得ることができます。京王杯スプリングカップ自体はG2ですが、大きなG1レースとして知名度の高い安田記念へのステップレースとして、多くの人出が出るものと予想されます。

京王杯スプリングカップの創設年は1956年となっており、創設当時はスプリングハンデキャップと呼ばれていました。1960年に京王杯スプリングハンデキャップと名称変更、さらに1984年に京王杯スプリングカップとして現在の名称に改められています。

名称が現在のものになった1984年はG2としての格付けを受けた年でもあり、同時に外国産馬が出走可能となりました。2002年には外国調教馬の枠が増加、2014年からは安田記念へのステップレースとしての位置づけが行われ、1着の出走馬は安田記念への優先出場権を獲得することができるようになりました。

京王杯スプリングカップの競走条件としては、サラブレッド系種で4歳以上であることや、JRAの所属馬であることなど、いくつかの条件が設定されています。外国調教馬としては9頭までが出走可能となっています。

このサイトは競馬予想をする上で欠かせない存在”G2”の特徴を掘り下げていきます。競馬予想サイトも数多くありどのサイトがいいのかわからない事が大半だと思います。そこで、多くの競馬予想サイトを比較し検証したさいと「競馬予想サイト比較」を参考にしてみて下さい。