G2の狙い目レース「京王杯スプリングカップ」とは

競馬予想G2の狙い目レース「京王杯スプリングカップ」とは

JRAが主催する京王杯スプリングカップは、1着賞金として5900万円が設定されたレースです。2着の場合は2400万円、3着で1500万円となっており、4着5着は890万円、540万円を得ることができます。

京王杯スプリングカップの舞台となるのは東京競馬場で、京王電鉄が寄贈賞を提供しており、このことから、レース名には京王の名前が冠されています。

JRAこと日本中央競馬会は各種競馬を開催していますが、京王杯スプリングカップはG1である安田記念に出走するためのチャンスともなっており、1着2着の出走馬は安田記念の出走候補馬としての機会を得ることができます。京王杯スプリングカップ自体はG2ですが、大きなG1レースとして知名度の高い安田記念へのステップレースとして、多くの人出が出るものと予想されます。

京王杯スプリングカップの創設年は1956年となっており、創設当時はスプリングハンデキャップと呼ばれていました。1960年に京王杯スプリングハンデキャップと名称変更、さらに1984年に京王杯スプリングカップとして現在の名称に改められています。

名称が現在のものになった1984年はG2としての格付けを受けた年でもあり、同時に外国産馬が出走可能となりました。2002年には外国調教馬の枠が増加、2014年からは安田記念へのステップレースとしての位置づけが行われ、1着の出走馬は安田記念への優先出場権を獲得することができるようになりました。

京王杯スプリングカップの競走条件としては、サラブレッド系種で4歳以上であることや、JRAの所属馬であることなど、いくつかの条件が設定されています。外国調教馬としては9頭までが出走可能となっています。

このサイトは競馬予想をする上で欠かせない存在”G2”の特徴を掘り下げていきます。競馬予想サイトも数多くありどのサイトがいいのかわからない事が大半だと思います。そこで、多くの競馬予想サイトを比較し検証したさいと「競馬予想サイト比較」を参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です