G2の狙い目レース「ローズステークス」とは

競馬予想G2の狙い目レース「ローズステークス」とは

日本中央競馬会ことJRAが主催するレースは多数ありますが、ローズステークスは重賞競走として知られています。
ローズステークスの創設年は1983年です。1984年には関西テレビ放送賞を冠してローズステークスと名称を改めました。創設当時は京都競馬場で行われていましたが、1996年以降は阪神競馬場でレースが実施されています。1996年はローズステークスが秋華賞のトライアルレースとして定められた年でもあり、このレースで優秀な成績をおさめることによって、G1レースである秋華賞へと繋ぐことができます。

競走条件はサラ系3歳牝馬であることや、日本中央競馬会の所属馬であること、また秋華賞のトライアル競走としての位置から地方競馬所属馬は優先的に3頭まで出走可能となっています。NHKマイルカップで1着2着の順位を得た競走馬にも出場権利を認めている他、外国調教馬は9頭まで出走が認可されるなどの各種出走条件が定められています。

ローズステークスはG2として賞金が定められており、1着の場合は5200万円を獲得することができます。以下2着で2100万円、続く3着1300万円となっており、4着5着はそれぞれ780万円、520万円となっています。

秋華賞のトライアル競走としての立場から、ローズステークスにおける1着から3着までの競走馬には、秋華賞出場の権利が与えられます。京都競馬場で行われる競馬の中でも秋華賞には多くの人が集まり、その前提レースであるローズステークスにもたくさんの人が集まります。秋華賞、ひいてはエリザベス女王杯を狙う競走馬にとっては、G1レースへの出場機会を得るための貴重なレースともなっており、どの馬も真剣な走りが見られるものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です