G2の狙い目レース「セントウルステークス」とは

競馬予想G2の狙い目レース「セントウルステークス」とは

セントウルステークスは、秋の阪神競馬場で行われる1着賞金5,900万円のG2です。
創設年は1987年で、当初の競走条件は日本中央競馬会の所属馬による芝1400mのG2でした。

しかし、2000年から芝1200mのG2に変更され、出走馬も日本中央競馬会の所属馬だけでなく、地方競馬所属馬や外国調教馬も出走できます。

現在はスプリンターズステークスの重要なステップレースとして、秋の阪神競馬場でも注目されているG2です。

セントウルステークスは、JRAのG1であるスプリンターズステークスの前哨戦という位置づけから、比較的予想がしやすいG2と言えます。

比較的予想がしやすい理由は、春の短距離路線で活躍した実績馬が、セントウルステークスで復帰することが多いからです。

長期休み明けとなるものの、春の実績馬が好走することが多いので、比較的予想はしやすくなっています。
しかし、休み明けが影響して凡走する実績馬もいますし、目標のG1はまだ先なので完璧に仕上げない実績馬もいます。

また、人気の実績馬が順当に好走する一方で、穴馬が2着や3着に入ることも少なくありません。

予想のときに注目しておきたい穴馬は、実績のない夏の上がり馬です。

夏のローカル開催で条件戦を勝ち上がり、その勢いのままセントウルステークスでも好走することは良くあります。

実績馬に人気が集中し盲点になることも多いので、夏の上がり馬も予想のときにはしっかりチェックしておきましょう。

セントウルステークスは、今後のG1にも繋がる重要なG2なので、予想だけでなく結果の検証も重要です。