G2の狙い目レース「毎日王冠」とは

競馬予想G2の狙い目レース「毎日王冠」とは

毎日王冠とは日本中央競馬会で行われているレースで、創設年は1950年なのでかなり古い歴史を持っています。

このレースはG2なので賞金はけっこう高く最近では天皇賞秋の前哨戦の位置付けとして行われていることもあって、有力馬が多数参戦することもあってとても注目されているレースとなっています。

毎日王冠は東京競馬場で行われており競走条件はサラ系3歳以上でJRAの所属馬であることが求められていますが、この他に地方所属馬は2頭までは認められていて外国調教馬も9頭までなら出走することができます。

距離は当初は2,500mだったのですがその後2,300mや2,000mなど色々と変わり、今は1,800mに距離が縮められて行われています。

毎日王冠の優勝馬には天皇賞秋の優先出走権が与えられるのでこのレースを目指して出走する馬が沢山いますが、その他にもマイルチャンピオンシップの前に一叩きするために出走してくる馬もいます。

毎日王冠はこのように秋のG1戦線を占う上でとても重要なレースなのですが、比較的予想が付きやすいと考えている人も多いのでG2の狙い目レースと考えている人も沢山います。

競馬は見ているだけでも楽しいものですがやはり馬券を買った方が面白みが増すので、競馬場に言ったら馬券を買ってレースを楽しむ人が殆どです。
そして馬券が当たった時ほど嬉しいことはないので、そのために皆しっかりと予想をして的中を目指して頑張っています。

毎日王冠は数週間後に大きなレースが控えていることもあって有力馬が出走することが多いので、その馬を中心にして購入すると当たる確率が高くなります。
但し有力馬はこのレースを叩き台にするケースが多く凡走をしてしまうこともあるので、固く収まるかそれとも大穴が来るかを考えながら楽しんで予想をすることができる点も大きな魅力と言えます。

G2の狙い目レース「目黒記念」とは

競馬予想G2の狙い目レース「目黒記念」とは

東京競馬場において行われるG2競馬のうち、目黒記念は1932年から続く歴史あるレースです。各内国抽籤濠州産馬混合競走として始まったレースがその前身となっており、当時は目黒競馬場において開催されていました。

しかし目黒競馬場の移転が決定されたため、古くから続いた目黒の名を後世に残すため、目黒の名を冠してレース名を改称したことが、現在の目黒記念の原型となっています。

府中の競馬場への移転後は1959年に農林省賞典 目黒記念(春)として名称を改め、続く1979年には農林水産省賞典 目黒記念(春)とさらに名称変更を行っています。1984年に日本中央競馬会からG2としての指定を受け、この年から年に1度のレースとしての改定も行われています。

副称として、1998年にはフランスギャロ賞、2000年にはハンガリーフェスティバル開催記念、2010年にはウオッカメモリアルなどが冠されています。基本的には芝でのレースを行い、第68回レースのみダートでのレースを実施しました。

目黒記念は多くの人が参加することが予想されるレースで、その賞金は1着が5700万円となっています。賞金は5着まで定められており、2016年の賞金としては2着が2300万円、3着が1400万円です。以降4着が860万円、5着が570万円となります。

サラブレット系種であることや、4歳以上の馬であることなどが競走条件として挙げられ、JRAに所属していることが基本条件となります。さらに外国調教馬としては9頭が出頭可能となります。負担重量としてハンデキャップが定められます。

目黒記念は創設年以来、長い歴史を誇るレースであり、G2レースでありながら多くの注目を集めるレースです。

G2の狙い目レース「京王杯スプリングカップ」とは

競馬予想G2の狙い目レース「京王杯スプリングカップ」とは

JRAが主催する京王杯スプリングカップは、1着賞金として5900万円が設定されたレースです。2着の場合は2400万円、3着で1500万円となっており、4着5着は890万円、540万円を得ることができます。

京王杯スプリングカップの舞台となるのは東京競馬場で、京王電鉄が寄贈賞を提供しており、このことから、レース名には京王の名前が冠されています。

JRAこと日本中央競馬会は各種競馬を開催していますが、京王杯スプリングカップはG1である安田記念に出走するためのチャンスともなっており、1着2着の出走馬は安田記念の出走候補馬としての機会を得ることができます。京王杯スプリングカップ自体はG2ですが、大きなG1レースとして知名度の高い安田記念へのステップレースとして、多くの人出が出るものと予想されます。

京王杯スプリングカップの創設年は1956年となっており、創設当時はスプリングハンデキャップと呼ばれていました。1960年に京王杯スプリングハンデキャップと名称変更、さらに1984年に京王杯スプリングカップとして現在の名称に改められています。

名称が現在のものになった1984年はG2としての格付けを受けた年でもあり、同時に外国産馬が出走可能となりました。2002年には外国調教馬の枠が増加、2014年からは安田記念へのステップレースとしての位置づけが行われ、1着の出走馬は安田記念への優先出場権を獲得することができるようになりました。

京王杯スプリングカップの競走条件としては、サラブレッド系種で4歳以上であることや、JRAの所属馬であることなど、いくつかの条件が設定されています。外国調教馬としては9頭までが出走可能となっています。

このサイトは競馬予想をする上で欠かせない存在”G2”の特徴を掘り下げていきます。競馬予想サイトも数多くありどのサイトがいいのかわからない事が大半だと思います。そこで、多くの競馬予想サイトを比較し検証したさいと「競馬予想サイト比較」を参考にしてみて下さい。